スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間力と確率論

以前人間力がどうのこうのいう話がありましたが、キーカードの引く確率論などを


3/50=0.06
0.06×7=0.42
0.42×100=42

42.0%

これはデッキ50枚に同名カードを3枚入れている際
初手7枚に1枚引ける確率です。(あってるよね?;)

初手にそのカードを引けなかった際
次ターンにそのカードを引く確率

50-7=43
3/43=0.069
0.069×100=6.9

6.9%



こう考えると初手にキーカードが来ないとツライですよね
ドロー加速カードの大事さがわかると思います。


ちなみに、初手にマナ生、玉兎、どちらかが来る確率は

84%と以外に高いです。

しかし上記2枚のカードは、初手以外で引いてしまうと、邪魔になることが多いです。
だからといって、どちらかを2枚積み、なんて事すると

初手に来る確立が減り、中盤に来る確率が上がる、タブー

この辺を引き分けられるかが人間力なのかな?



とりあえず、私の持論では、人間力のある方は、こんな面倒な確率計算しなくても


長期的な対戦経験の中で、このカードは、温存する、プレイする、ノードに突っ込む

という行為を、効率よくおこなう事により、無駄な行為をへらす事で

対戦相手が、いつもいいドローをしているように感じる、という考え。



つまり人間力はオカルトな話ではなく

経験により身に付けることができる


と信じたい(私が人間力がないので)










コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。